四段掛け

一白 掛 一白水星(いっぱくすいせい)
乾官にいて一白か一掛るのは、家督相続の問題、金餓上のトラブル、訴訟、または破判ごと、
掛け合いごとのトラブル、財廠豊謹等の問題である。
訴訟、その他官かにかかわることは、五行か相雌一ならば本命か聴官に入るとき、成耽する。も
し相こくであれば成就しない。比和のときは、他人のために世話することとなって、奔走し
なければならなくなる。また、目上と争い生じやすし。


兌言にいて}白か掛かるのは、口舌(口論)紛糾はなはだしく、また、金銭上のトラブル、色
悄のもつれなどあり。
移転、あるいは業務の変更などは先へ延ばすほど吉となる。
掛け合いごと、交渉ごとは、おだやかに時間をかければ成就する。

艮宮にいて一白か掛かるのは、住所、または身分地位の変更などの悩みあり。火難、盗難、事
巣の失敗などで零落した人と見る。       ‘」
老人は子孫の心配あり。府気は油断して重くなる象あり。
人により、近親者に水死や横変死したる者あり。他の掛けをよく見よ。
雄篇・守ロ

雛宮にいて一白か掛かるのは、つねにわか家巣を接てて人のために世話奔走する人である。
また、見こみのないことにかかわり合ウて損失あるべし。
官かにかかわりある事件あり。また、判証文、手形その他文書類のトラブル、心配ごとあり。
この卦の立。つは、近親に行方不明の者あり。

攻宮にいて一白か掛かるのは、住所または家業改革の憲あり。あるいは、家族の病人のこと
で心配あり。
この人、とかく強情にて、人の忠告を聞かす、みずから凶事凶遍を招くこと多し。
次官に座する人の心配ごとは、その本命星か坤言あるいは兌言にまわったとき解決する(小さいことは日、大きいことは年か月)。ただし、ふだんの心がけよい人は吉、わるい人は凶と
なって解決するのである。そのいずれであるかは四番掛けを見よ。

坤にいて一白か掛かるのは
坤言にいて一白か掛かるのは、優柔不断に過ぎて、ものごと遅延すべし。
この人、山気かあって大きいことをもくろむか、舅力奮発の憲気か乏しいため、十分の一の
実現もむずかしいのである。
業務、住所の迷いあり。金麟問題、また、官辺の心配ごとあるべし。
人をたよりにするくせに、人の言葉にしたかわない癖あり。

震宮にいて一白か掛かるのは、なにごとか新規に企圓しているのだか、気に迷いかあって行
き悩んでいるのである。
廟癩を起こしやすい人である。
他人のために損失か多い。
住所の迷いか色情の悩みあり。
女難、盗難を注意すべし。

翼宮にいて一白か掛かるのは、業務上か、住所の改革について悩みあるも、あせらず成り行
きにまかせるかよい。本命皿か坤言にまわって成就すべし。。
女の怨恨または遺伝の病気にて悩みあり。
小事は成就すれど、大事は成らず。

中官にあって一白掛かるは、気迷い多く、進退決せざるなり。
住所、業務の心配あり。
近親に仏事あり。
胸、腹に病いあり。