四段掛け 四緑木星(しろくもくせい)

四緑木星(しろくもくせい) 乾宮
かるのは、ものごとに迷いやすく、心に落ちつきがなく、入の言葉に迷っ
て決断乾富にいて四緑か掛かるのは、韻事、すすんで事をなそうとすると、他から制止されるかた
ちである。しかし、また、あまりに大事をとりすぎて、時機を逸するおそれあり。
家庭不和、色情の悩みあり。
依頼事、掛け合いごとは他がら思いかけぬ妨害あり。

女の怨恨にて胸、腹の病気を発する。
長病は死す。

兌宮にいて四緑か掛かるのは、利飲、または色情のために他から欺かれ、損害をうける。
心をいらだたせ、相破ごと、掛け合いごとを急速におしすすめようとして不結果に終わる。
家庭不和、色悄の悩みあり。    、
女の怨恨あり。病気は重くなる。長病は死ぬ。

艮官にいて四緑か掛かるのは、住所しばしば動いたか、または土地、家屋、不動産のこと、あ
るいは縁談について心配ごとあり。                   `
他人の親切を拒んで、自分の思うように急激に事をなさんとして失敗あり。時機のくるのを
待つのをよしとする。
家庭不和、色情の悩みあり。
家作造作をなして病人多し。軽く見えても早く治療しないと死ぬ。

離宮にいて四緑か掛かるのは、現在不運の人は他の援助を素直に容れて努力すれば吉運に
向かう。現在運気よろしき人は、三年目に不慮の災害あるべし。
親戚友人と不和を生する。
通方との取り引き、または遠方への旅行は凶。

炊宮にいて四緑か掛かるのは、家事改革か、業務皮更について心配ごとあり。あせって、あか
き過ぎて自分で自分の運勢を悪くする。
 一家離敵のかたちあり。
依頼ごと、相談ごとは他の妨害あり。
競争者、敵の助向に注意せよ。
急に発した病気は直る。長病者は死す。
近親に廃家か、行方不明の者あり。


坤官にいて四緑か掛かるのは、外見はよくても、現在、運勢大いにおとろえ、富豪の人も、衰
連となった人である。
家庭の紛糾、色情の悩みあり。
女性は男の怨恨あり。
遠方の旅行は災あり。
近親に変死者か行方不明の者あり。
長病は死ぬ。

震官にいて四緑か掛力ない人である。
利欲に目がくらんで大きな損失を招く。
新策したり、造作をして災に適う恐れあり。

員宮にいて四緑か掛かるのは、業筋、住所の変更の意あり。
噂、評判など、それからそれへとひろがる象あり。
依頼ごとは、争わず、さからわず、気なかくすれば成就する。八分目で満足すべし、ことから
により、贈り物をすれば、早く調う。
出奔の意あり。
突発的な災に適う

中宮にいて四緑か掛、かるのは、気違い多く、なにごともまとまりかねて、他人の言に迷いや
すい。それでいて、親切な言葉にしたかいにくいのである。
すぺて、急速に事を運ばんとすると、失敗する。
普前、造作をしてから、求内に病人多し。
儡″昔、。悄。?t。