三碧木星 (さんぺきもくせい)


三碧木星中宮口の鑑定法
一新しい。現れる。震れる。若い。長男。住所の変更、身分の変更、業務の変更あり。
一、何事によらず、まとまらない。声あって形なしとなる。実行し難
 し。また、家庭内の争い。
一、金銭上の争い、金銭上の悩みあり、色情の因縁多し。
一、九ヶ月以内に近親に死別するものあり。
一先祖の霊の崇りあり。
一息子の悩み。
 

 

 

本命一白震宮に座宮。暗剣殺。

 


一、新しき面での変更、また、計画等するも実行し難し。
一、艮宮に六白掛り。相生。
  住所、身分の変更、人との中絶。土地、家屋の争い。家相悪し。方災あり。男性の変化あり。
一、巽宮に二黒掛り。相剋。
  住所、業務の変動、母方の心配あり。遠い所に行く。何事も迷い
 多く実行が遅い。結婚は二回以上の縁あり。蛇、狐の崇りあり。
ミ対冲兌宮に五黄掛り。五黄殺。
  介銭の心配。住所業務の悩み。家庭内の紛糾、警察関係、訴訟等
 に注意。~術は不成功。先祖に行方不明者ありてその霊作用にて、
一、女性は縁談または息子、長男の鑑定なり。
運 勢
 目下吉運なるも、暗剣殺のため実行し難く、また、短気の性格に災いされて失敗す。何事も辛抱第一
なり。
結 婚
 結婚は男女とも二回以上の作用ありて、一回にては納り難し。縁談については、男性は心境の変化あ
り。女性は迷い心多く、一回にては決り難し。なお、縁談は凶なり。
病 気
 脚気、水腫、性病、耳鳴。
その他
 入試は二回目なれば合格す。
 狐の崇り、霊の崇り、占いお墓の崇りによる病気に注意。

本命二黒土星の人の事象
 

本命二黒巽宮に座宮。相剋。
二運勢吉なり。何事も急がず努力すれば必ず報酬あり。遠方の取引
 き等あり。
一、離宮に七赤掛り。相剋。
  色情の災い。放蕩になり易い。養子の話あり。他人のための争論
 あり。人の忠告を用いずして損失多し。住所の変更。手形証券の災い。婦人との争い。近親に精神障
 害者とか変死者あり。
一、震宮に一白掛り。暗剣殺。
  建築、新規計画、開店等何事も新しく始める。また、職業の変更、住居の変更を計画するも実行で
 きず。人との争い、怪我等あり。色情、方災、盗難、火難に注意。
一、対冲乾宮に四緑掛り。相剋。
  目上の援助等あり。裁判、官庁等の事件は、長引くも解決す。婦人問題、遠方のことにて心配あり。

鑑定法
 業務、身分、住所の変更等にての鑑定なり。女性は縁談、または夫の浮気についての鑑定なり。ある
いは養子、養女の件にての鑑定なり。
運 勢
 現在告運なるも、住所、業務等の悩み多く、また何事にも迷いありて決断し難し。迷わず、急がず自
信をもって積極的に取組む事が肝要なり。
結 婚
 結婚は男女とも初婚にては納まり難し。養子、養女等の話あり。この縁、安定いたしやすし。女性に
おいては妊娠の人あり。医師に注意すべし。なお、男女とも色情因縁ありて異性問題につき苦労多し。
婦人のための金銭損失等起りやすし。
病 気
 中気、リュウマチ、腸痛、咽喉の忠い。また、死霊の崇りにて精神障害を起こすものあり。蛇、狐の
崇りにて陰部の病、肺物等の発生あり。川敷神の崇りあり。
その他

]本命三碧木星の人の事象
本命三碧中宮に座宮。相剋。

べ住所、業務、身分の変更ありて落着かない。また、家庭内の紛糾、
 金銭上の争いあり。
一、巽宮に二黒掛り。相剋。
  業務、身分に支障多く、また、遠方に心配の事件発生す。種々の
 煩悶多くして再三住所を変更することとなる。警察問題の起る人あり。
一、艮宮に六白掛り。相生。



  業務、身分等について目上との間に意見の衝突あり、また、建築による方災のため、怪我する人あ
 り。便所の鬼門の崇りにて病人および怪我人等あり。家相悪し。
一、兌宮に五黄掛り。対冲。五黄殺。
  金銭の間違い、婦人との口舌、争論がある。住所、業務の悩み。警察関係に注意する事。親族の厄
五語句諾
十五切木M.中宮口の鑑定法
介者ヽまたヽ行方不明の者ありてその霊作用あり・病気は手術になり易い・ただしヽ手術にて全快し 
 難し。
鑑定法
 業務、身分、住所の変化等にての鑑定なり。女性においては異性関係や住所の変更、および息子の運
命、入試等なり。
運 勢
 現在運勢弱し。何事も計画わたらず煩悶す。また、金銭面での心配、妻、女性との口舌、争論ありて
住所、身分等の変更あり。また、先祖の古いお墓の崇りとか霊作用ありて煩悶多し。
結 婚
 男女とも、結婚は初婚にては納り難し。また、生霊の崇り、蛇、狐の崇り、古いお墓の崇り等にて結
婚の悩み多し。なお、故郷にての結婚は占なり。
病 気
 胃腸病、梅毒、腫物、肝臓。
その他
本命四緑木星の人の事象
 本命四緑乾宮に座宮。相剋。
一、目上の援助ありて業務、身分など盛んとなる。裁判、事件等長引
 くも解決す。遠方の事、旅行、建築等にて心配生ず。
一、玖官に八白掛り。相剋。
  事理に暗きため、欺かれて損失あり。業務、住居の変更あり。新
 計画を策するも、心に迷いありて実行難し。
  結婚近きも将来凶なり。墓地の災いに注意すべし。
一、兌宮に五黄掛り。五黄殺。
 す。遠方に移動または旅行あり。「二回以上」の作用あり。
鑑定法
一、業務、住居の移動等計画通りわたらず煩悶し、鑑定を求むるものなり。また、病気等なり。女性は
 異性関係および縁談なり。また、入試等あり。
運 勢
 何事も意の通りに進捗せず煩悶す。また、新計画は凶なり。異性関係にも悩み多く、事件になり易し。
充分自重すべし。先祖、父等に官公吏、神官等多し。したがって霊作用多し。むら気の多いため悩むな

結 婚
 縁談は凶なり。初婚にては納り難し。縁談は早くまとまるも、将来悪し。女性は夫または男性の移り
替り多くして悩み絶えず。仏、狐の崇りに注意すべし。また、息子の悩み多し。
病 気
 頭痛、風邪、肺病、咽喉等なり。
本命五黄土星の人の事象
 本命兌宮に座宮。相生。
一、金銭の心配。住所、業務の悩み。家庭内の紛糾、女性に関する問題起る。
一、坤宮に九紫掛り。相生。
  土地田畑のついての争い。また、火難、証券等についての事件。
 再婚の運勢。結婚凶。
一、乾宮に四緑掛り。相剋。
  業務、身分盛んとなる。官公庁等の事件長引くともまとまる。女
 性問題、遠方に係る事にての心配あり。
一、対冲震宮に一白掛り。暗剣殺。
  住所の迷い。色情の悩みあり、方災、女難、盗難、火難、遠方旅
行に要注意。
鑑定法
一、家庭内の紛糾、女性に関する問題、金談、交渉事、訴訟関係、不動産の争い。
一、女性においては夫婦間の争い、離婚問題、再婚、息子の入試等なり。
運 勢
 この人、精疑、嫉妬の念強く、人の言を信用せず、家庭内の口舌、他人との目論多し。先祖に行方不
明者の浮浪霊あり、その霊障にて苫しみ多し。色情因縁、女難、盗難、火難等の災い多し。また、病難
を受く。
結 婚
 男女とも、色情因縁強くして、初婚にては納り難く再婚多し。縁談はまとまらず。
病 気
 口中の病、腹膜炎、胸痛、肺病、ノイローゼ。
その他
 入試は一回の受験では合格は無理なり。建築についての災い、方災の崇りに注意すべし。
本命六白金星の人の事象
 本命六白艮宮に座宮。相生。
 住所、身分の変更あり。王地家屋の争い。また、先祖からの家屋、
土地等を売払った人なり。
一、次官に八白掛り。相剋。
  業務の変更、住居の移転等起りて悩むなり。盗難、あるいは物の
 ありて争いあり。
鑑定法
べ業務の衰願および家庭の不和、業務、住所の変更等にて悩み多く。進退”の鑑定を求めるものなり。
運・ 勢
 業務、住居、身分等について変化ありて煩悶し、短気、我ままとなりてますます衰願す。色情因縁お
よび霊作用ありて運勢が安定せず煩悶するなり。異性関係に充分注意すべし。
結 婚
 男女とも結婚は凶なり。時節を選ぶべし。女性は男性の心境の変化ありて苦労す。縁談は早くまとま
るも、将来悪し。
病 気
 頭痛、脳病、精神障害者、手足の怪我なり。
その他
 入試は二回以上、この人、先祖の因縁多く、近親に行方不明者があり、また、井戸、沼等の埋立て、
墓地の改造地、または社寺の敷地の分譲による災いが発生をして苦労する。
本命七赤金星の人の事象
 本命七赤離宮に座宮。相剋。
一、諸事華美に走り易し。とかく勝手気ままのために争い起りて官辺
 に係る事件、手形、文書の間違い等にて煩悶し、業務、住所変更の
 気起るなり。
二坤宮に九紫掛り。相生。
 本命八自玖宮座宮。相剋。
一、この人、自分勝手の所業多く、口が上手なれども実行でき難く、
 住所等安定し難し。
べ乾宮に四緑掛り。相剋。
  訴訟、金銭意のごとくわたらず苦労する。また、事件等も発生し、
 刑罰等も起り易し。屋敷神、特に稲荷などの崇りあり。婦人問題に
 て悩みあり。
一、艮宮に六白掛り。相生。




  新規事業を始める、または職業職場の変更等あり。遺産を売払う人あり。家相凶。移転方位凶にて、
 それらの方災を受くるなり。虚言多し。近親に行方不明、また、便所の位置悪きため崇りあり注憲す
 べし。

一、離宮にし赤掛り。相剋。

  色情、放ゐにて遠方に転居す。虚飾多きため家産傾き、女性問題にて金銭を失い、また、
 あり。特に流年運に注意すべし。
碧木叫中穴目の鑑定法
ぶ心自分本意に動く人なり。また、慾心強く、特に小額を惜み大額にて損をする人なり。
結 婚
 男女とも、色情因縁強くして、再婚運なり。縁談は二回以上にてまとまる。なおまた、故郷において
の結婚は吉なり。
病 気
 胃腸病、腹痛、逆上、腎臓病、性病等なり。特に秘密の病気を持つ人あり。
その他
 入試は再度の受験運なり。
 霊作用(特に変死者または墓相)による災い多く、事業、家屋等の苦労多し。
本命九紫火星の人の事象
 本命九紫坤宮座宮。相生。
一、不動産にて争いあり。気迷い多く決断悪し。住所等の変更あり。
 また、火難あり。山気ありて大事を好み苦悩する。
一、兌宮に五黄掛り。五黄殺。
  色情の口舌、親類間の紛糾、官公庁の事件にて心配あり。近親に
 変死者、行方不明者ありて霊作用を受けるなり。
一、離宮に七赤掛り。相剋。
り。巾川前から始めているのですが、種々迷っているのです。」
、{‐所の変更、それも遠い所に行こうと思っているのですね。}
「今までの事を全部精算するためにも外国へ行こうかと思っているのですが、外国に行っても現在の
職業でやっていけるかどうかが悩みなんです。」
「あなたは以前ひどい病気を患いましたね。手術をしたのでしょう。」
「ハイ、肺病なのです。手術をして全快しましたから商売を始めたのですが。」
「男性とも別れているのですね。」
「現在はそのようになっていますが、私かその男性を嫌になったのです。」
「病気が全快していません。今しばらくは無理をせず身体に充分気をつけなさい。今度すこしでも悪
い様子を感じたなら今までの医者を替りなさい。今までの医者では全快しません。また、外国旅行も
今しばらくはよくない。ですから白重した方がよいし、また、二、三年中は運命の見地からも実行は
難しいです。なお、女性の方であなたを援助してくださる人がいます。何事も心当りの女性に相談し
てみなさい。また、あなたの家、もしくは母親の実家の先祖に行方不明になっている人がおります。
その人を探し当てて、その人の霊を朝晩水を供え供養をしなさい。病気の再発を防げます。