四緑木星(しろくもくせい)

 

四緑木星中宮口の鑑定法


一、業務、住所の変更に気迷いありて決断できず、また、急速になさんとして失敗す。運気弱し。
一、家庭内の不和合に悩む、色情の因縁なり。
一、普請造作にて方災を犯し病人あり。家相に注意すべし。胸、腸
 の病気なり。

一、商業の破れ、また破談の兆あり。
一、霊作用にて喘息の病人あり。
鑑定法、この人、事業、職務の失敗ありて住所、業務の変更に迷い、鑑定を求めるものなり。女性は離婚、
 再婚等の相談なり。
運 勢
 現在衰運なり。住所、職業等の変更あるも決断をなし難く煩悶す。外見は好調の様子なるも内実は悪
く、色情、飲酒等にてますます金銭を浪費す。
結 婚
 男女とも、結婚に迷いを生じ、まとまらない。また、初婚にては納り難く、再婚の運勢なり。夫の心
の変化等ありて家庭内紛糾多し。
病 気
 胃腸病、逆上、頭痛、眼病、等なり。先祖に行方不明者ありて種々の障害発生す。手術になり易し。
ただし、全快せず。医師の選定肝要なり。(必ず吉方位の医者を選ぶ事。)
その他
 入試は一回にては納り難し。なお、在学中に転校する事あり。この入、霊作用ありて呼吸器病、胃腸

鑑定例
昭和21年6月生れ。(丙戌九紫年甲午一白月)女性
三碧中宮の月の鑑定(卯の日)
二三碧中宮 新しい事または什事をやろうと計画している。
二、本命九紫坤宮掛り 坤宮は職業であり、以前経験した仕事である。
 相生。
三、兌宮に五黄掛り 五黄殺、目破なり。縁談か健康か、どちらにし
 ても凶である。
四、離宮に七赤掛り。相剋。

  離宮の九紫は学問、医者、病院、学校、争い。七赤は口舌、争い、赤い血。医者と血では手術になる。
五、艮宮に六白掛り。相生。
  艮宮は変化、止る、住居、住所、墓、先祖、六白は、先祖、親、夫、男である。
鑑 定
私「あなたは現在何か仕事を始めようと思っているのですね。」

 

 

本命一白水星の人の事象
 本命一白坤宮に座宮。相剋。
一、住所、職業において新規出直しを計画するも実行し難し。商法
 に迷い多し。
一、兌宮に六白掛り。相生。
  家庭内に口舌多し。金銭または掛合事は占なり。心願事は急速
 なれば整う。結婚は古なり。大全のまとまりあり。胃の手術、ま
 た、争いに注意すべし。
一、離宮に八白掛り。相生。


  商売繁昌す。名声、信用揚るも…収支に流れ挫折す。官辺の事件、普請、動士の方災ありて家運次第
 に衰微す。家相および霊作用にて逆トする人あり。なお、住所の変動あり。鬼門張り、墓所の障りあ
 りて病人が出る。
一、艮官に七赤掛り。対冲。相生。
 難、女難、客死、変死、行方不明片ありて色情囚縁起る。妊娠する人あり。身内の争いまだは悦び、
 新築の悦び等あり。

鑑定法

一、住所、業務の変動にて鑑定を求めるものなり。
一、女性は男性との争い、縁談の悩みなり。
運 勢

 住所、身分等しばしば変動する人なり。また片親といく別れる。表面は大変静かにて親切のように見
受けらるるも、内心は猪疑心深く人の親切を仇で返す事多し。なおまた、取越苦労性なり。
結 婚

 男女とも、初婚にては納り難く、色情囚縁強し。鑑定以前の縁談は吉なり。
病 気

 耳の病、胃腸病、逆上、子宮病、尿道炎。
その他

 この人、先祖の囚縁深く、霊作用を受け易し。古いお墓の崇り、また、狐憑きにて逆上あり。入試は
士ロペふらり。
本命二黒土星の人の事象
 本命二黒震宮に座宮。相剋。
 住所、業務において新規計画をするも実行し難く煩悶す。色情の
悩みあり。
一、艮言に七赤掛り。相生。

  墓地一~所または共有にて業務、住所の変動ありて苫情が出る。親類身内の争いあり。妊娠あり。
 新築または住居の購人にての悦び、仏事の悦び等あり。
一、巽宮に三碧掛り。暗剣殺。
  業務、住居の変更あり。また、建築等にて住居の移動あるも凶なり。結婚は男性に難あり。女性ま
 たは業務に係る事にて官辺の事件等あり。また、遠方の旅行等あり。
二兌宮に六白掛り。対冲。相生。
  家庭内の口舌、掛合、金銭問題等起るも急連なればまとまる。すべて吉なり。論争に注意すべし。
 骨の1 術、怪我、色情、女の生首の崇りに注意すべし。
鑑定法
一、この人、意思定まらず、何事も自ら破りて煩悶し鑑定を乞うものなり。
・、女性は夫との不和合、また、縁談等なり。
運 勢
 この人、親族、他人の世話事多く、何事にも口出しし、煩悶す。また、身分不相応の事をなして困難
し、色情のために口舌争論するなり。また、遠方に旅立つ事あり。
結 婚
 縁談は吉なり。速かにてまとまる。ただし…力性の方に種々丈障あり。なお、既婚者においては夫の病
気にて煩悶する人多し。
病 気
 性病、精神障害者、腹痛、ド痢、肺病等なり。
その他
 入試は吉なり。古いお墓、稲荷、狐、生霊、仏の崇りにて病気あり。故郷(生家)に帰りての結婚は
吉なり。
本命三碧木星の人の事象
本命三碧巽宮に座宮。暗剣殺。
一、短気にして痛癩持ちである。したがって負ける事を嫌うので他
 人との争い多し。業務、住所の変更多きため金銭上の損失あり。
一、離宮に八白掛り。相生。
  商売繁昌、名声揚る。ト地建物の変更、官辺の事件、普請動土の方災、詐欺に注意。家相の災いあ
 り。遠方の旅行(飛行機、船舶)あり。霊関係に注意。動土に注意。
一、震宮に二黒掛り。相剋。
  住所、職務の移動を計画するも実行いたし難し(声あって形なし)。近親絶家の再起の運命なり。
 色情の悩みあり。縁談来る。遠方への移動、旅行等あり。東方の家相凶なり。
一、乾宮に五黄掛り。五黄殺。
 崇りに苫しむなり。
鑑定法
一、業務、身分の変更か住所の移動、普請造作に係る吉凶の鑑定なり。
運 勢
 この人、勝気にて歎難辛苫を克服し成功を得る人あり。なお、いたって気が多く業務、住所にたびた
びの移動あり。女性に係る事件、盗難等の災いあり。遠方への移動、親類のための損失あり。
結 婚
 男女とも、縁談は早急に進まず。なおまた、相手に難ありて苦労するなり。初回よりも次回の縁談が
吉なり。さらに心の変化起りて離婚等の災いを被るなり。故郷に帰りての結婚は吉なり。
病 気
 性病、逆上、肺病、手足の怪我、長虫、仏の崇りありて気狂の人あり。
その他
 受験は吉なり。近親に変死者ありてその崇りを受ける。家庭内の口舌、営業不振、警察に関する事件
等すべて霊の作用なり。
本命四緑木星の人の事象
 本命四緑中宮に座宮す。相剋。
一、この人、気多く安請合いして苦労するなり。また、住所、業務
 の変更等にも迷い起りて煩悶す。運気弱し。
二離宮に八白掛り。相生。

  何事も派手になりて家財傾く。異性関係発覚して目論となる。鬼門張りにて墓所の障りあり。家相、
 霊作用なり。
一、震宮に二黒掛り。相剋。
  絶家の再興、商業の開店等に努力するも、遅々として進まず、苫労す。東の方の家相悪し。合併等
 の話あり。また、嫌疑にて刑に触るることあり。
べ乾宮に五黄掛り。五黄殺。
 者ありてその崇りなり。また、金銭の損失あり。
鑑定法
一、何事も順調に運ばず心の煩悶多くして決断できかね、鑑定を求めるものなり。
一、女性においては家庭内の不和合、再婚、旧家の再建。
運 勢
 業務、住所等の移動、開店等を計画するも決断できず。ただし煩悶するのみ。また、物事を安請合し
て困難するなり。普請造作にて方災、家相の災あり。また、色情の悩み、破縁の兆あり。
結 婚
 色情発覚し離婚となる。また、再婚の話しあり。縁談は凶なり。
病 気
 眼病、逆上、腹痛、流行病。
その他
 普請、動土に注意。入試は二回以上となる。
 本命五黄土星の人の事象

 本命五黄乾宮に座官。相生。
 この人、気位高し。かれこれ事業を計画し失敗す。業務、身分に
変更多くして何事も自ら破る。それゆえ他人の非難を受くるなり。
一、玖官に九紫掛り。相剋。
  家庭不和、住所の移動、警察および官辺、印鑑、証文にての悩

 み、手違い等あり。盗難、火難の災い。名声信用の悩み、貯蓄のできない人。
一、兌宮に六白掛り。相生。
  家庭内の紛糾、目上との争い、色情の災い(女性の生霊の崇り)にての家出あり。掛合、金談等あ

一、巽宮に三碧掛り、対冲、暗剣殺。
  女性のための損失。朋友の仲違い、家庭内の争い、住所、業務の変更。妻縁の変る人あり。
鑑定法
 この人、目下、業務に迷いあり。住所など他人の都合にて立退く事ありて煩悶し鑑定を求めるものな

運 勢

 気位高くして目上との衝突あり。金銭とか掛合事にて争論し怪我する事あり。先祖の崇りにて数々の
災い起るなり。

 女性においては夫が病気かまた威のない人にして苦労する。したがって女性が家長となりて家庭の芯
柱となる人多し。なお、夫以外の男性と交合する。
結 婚
 縁談は吉なり。特に医者、教師、神官その他官職にある人の結婚は大吉なり。
病 気

 脳病、頭痛、逆上、吐鴻、足腰の病なり。
その他

 入試は合格す。官公立校に受験者多し。色情の因縁強くして異性間の悩み多し。
本命六白金星の人の事象
 本命六白兌宮に座官。相生。
 運勢強し。金銭、掛合等あり。また、人との争い事あり。色情に
係りて争い生ず。また、片親なき運である。
一、坤宮に一白掛り。相剋。
  土地、住宅、職業にての悩みあり。また、訴訟等あり。女性の
 心配、色情の悩みあり。
一、乾宮に五黄掛り。五黄殺。
  変更意のごとくならず煩悶す。
一、震宮に二黒掛り。対冲。相剋。

  住所、職業の変更の意あるも実行し難し。色情にての口舌、女性にての心配あり。旅行とか故郷に
 帰る人あり。
鑑定法
・=、・
、女性は再婚の鑑定なり。
運 勢
 この人、表面いたって温順なれども内心剛情のところあり。また、弁説巧みなり。ゆえに後先を考え
ず偽りとなる事あり。なお、大事を好み失敗す。近親に神仏を信仰する人あり。業務上は吉なり。
結 婚
 舅女ともに色情囚縁ありて口舌起きやすし。また、再婚運なり。縁談早ければまとまる。
病 気
 脳病、肺病、歯痛、口中のただれ。
その他
 なお、校内にての争い、闘争に加わる人あり。
水晶球による珍らしき鑑定例。
昭和15年3月生れ 庚辰六白年己卯四緑月、男性。
鑑定日 炎卯四緑~。
本命六白兌宮に座宮す。相生。日破。ゆえに女性の破れである。また、骨の手術。
坤~に。自掛り。相剋。
坤~は祖は、け、友、女性の悩み、戦業の悩み、祖は、げ方の先祖。
。白け悩み。
乾~に斤位掛り。瓦侑殺。
乾~は先祖、目ヒの人、父、兄、男。また、骨。五黄は先祖の苦し
み。凶の囚縁。悩み。
鑑 定
私「あなたは先祖の災いを一身に受けているようですが、骨の手術
 をしたようですね。」
私「外見から見ますとあまりはっきり判りませんが、大変な疵ですね。」
  (実は身体障害者であったので驚きました。)

  「運勢は今年は別に悪いと言う程ではありませんが、これだけ先祖の霊作用がありますと、何として
 も将来よいとは思えません。祖母か母方の生家に不幸にして変死した人がいる筈ですが?」
客「そのような人がいたようですが、詳しくは判りません。」
私「浮浪霊といって成仏できない霊です。現世に執着しておるかまたは人を悦んでいる人です。ハッカ
 チとか身についているものを貸してください。一度調べてみましょう。」
客「私も種々心配しておりますから調べてみてください。」
  数日後、水晶球に現れたる霊姿を白紙に書いて本人に見せた。)
仏・「このようなものが現れました。解釈できますか?」
客「判りました。これに関してはこのような活かあるのです。聞いてください。この女性の姿は叔父の
娘です。この蛇の姿は母方の妹の娘にて、嫁いだ主人が気が狂い、自分の妻に。いか
押し込んで殺したのです。この女性は私を大事にしてくれましたし、よく背に負れたものです。」
 注=坤宮は祖母、ほと見ます。その先祖と見ます。やはりその方の先祖でしたが、私は母方と見た
   のです。なお、坤宮二黒は迷い、一白も迷い、また悩みです。また、女性二人と見ます。女性
の死霊の迷いです。乾宮の五黄は先祖の因縁を現したものです。
二人の女性の戒名を調べて供
養するよう指導いたしましたが、霊作用の恐さをつくづく痛感した次第です。
本命七赤金星の人の事象
本命七赤艮宮に座宮。相生。
一、玖官に九紫掛り。相剋。
  住所の移動、病気、名声の悩み。警察、官辺の悩み、印鑑、証
 文等の手違い、女性にての紛糾。仏の悩み(死霊)、火難、盗難。
一、震宮に二黒掛り。相剋。
  住所、建築の迷い。職業の悩み。家相悪し。女性との出奔する
 人あり。屋敷神の崇り、長虫の崇りあり。なお、絶家を再興する
 人あり。また、遠方への移動。
一、坤宮に一白掛り。対冲。相剋。
、先祖の墓が二ヶ所にあるか家を二軒建てる人である。なお、この人、相続人であるっ霊作用が強い人である・                 287
  祖母、母等の病人にて悩む。土地、住居の心配。計画中の職業は妨害者ありて実行し難し。紛失物
 は家内の者の所為なり。
鑑定法
   、この人、現在の業務、また、住所などについて煩悶多く、気移りありて鑑定を求めるものなり。
運 勢
 業務、住所について煩悶多く幾度も変えることとなる。
恋愛は相手の心変りに注意すべし。田舎に帰りての結婚は吉なり。
店 気
 リ’ウマチ、胸腹の痛み、性病、陰部。
 川敷神や、蛇の崇りにて身体衰弱、また、女性と遠方に出奔する人あり。
鑑定例
昭和5年5月1日(庚午七赤年庚辰六白月)生れ。
鑑定日 発卯四縁日
一、本命七赤艮官に座宮。相生。
  艮官を墓とし先祖とす。また、変化とし、相続人とす。また、
 手、足、腰とし、住居とす。七赤は手術とし、また、新築とし、
 遺伝性の病気とす。
二次官に九紫掛り。相剋。

  玖官を、悩み、病気、再出発、水とす。九紫は遠い所、旅行、仏、医者、二つ、学問とす。また、
 印鑑、証文、官公庁とし、終りとす。
一、震宮に二黒掛り。相剋。
  震宮は、現れる、震れる、建築、旅行。二黒は、二度、一。一回目、一二ヶ所、け、妻、祖母、古い絶家
 の再興とし、また、故郷とす。方災。
一、坤宮に一白掛り。相剋。
  坤宮は、職業、住居、妻、け、迷い、先祖。一白は、水、悩み、また、再出発とす。
鑑 定
私「現在、運勢は別に悪いというのではありませんが、霊作用が大変強く影響しており、これを治さな
 ければまだまだ災いが出て来ます。足が不自由のようですね。あなたは墓地を二つ持っております
 ね?」
客「いや、一つです。」
私「お父さんの骨はどうなっておりますか?」
客「私か東京近郊にお墓を建立しそこに納骨してあります。」
私「あなたは東京生れではないでしょう。また、あなたは長男の筈ですが?」
客「さようです。生れは東北ですし、長男です。」
私「あなたの生家の墓地がある筈ですがね?」
  注=次官に九紫掛り 次官は水ですし、九紫は仏であり、先祖であり、また、火です。火が水のた
    めに燃えぬ苦しみの状態です。成仏したくてもできない状態を現しております。また対冲の坤
    宮も先祖にて一白(水)の悩みとなっています。艮官に本命座宮ですから相続人です。
客「実はダム建設のため疎開になったのです。墓地はそのままになっております。」
私「その墓地は現在水浸しですね。」
客「いや、まだ水は貯まっていないそうですが、墓地は以前から雨降りのときは水浸しになったのです。」
私「生家は今どうなっておるのですか?」
客「弟が跡を継いでおります。位牌その他全部弟に渡したのです。」
私「あなたの父の遺骨が現在新しい墓に納骨されている事は本筋ではありませんね。」
客「それはそうなります。」
私「相続系統をはっきり決めて生家の墓を建てなおすと運勢をよくなります。」
 十年前に(未の年)鬼門の艮官に新築して移転す(歳破を犯す)。四年目、戌年に妻突然の病気にて没
す。丑年(七年目)、突然意識不明となりご一年間人事不生となる。閻魔大王にまだ早いと言われ首筋を掴
まえられ、放り投げられて意識回復した由。本人は以前より社会事業(身体障害)に尽力の由。その功
徳の賜なり。
  注=震宮に二黒掛り 震宮は、新しい、現れる、震れる(生れたり死んだり)。二黒は、再度の繰
    返し。新しく生き返った事を現しています。
本命八白土星の人の事象
 本命八白離宮に座宮。相生。
 運勢占なり。派手になり過ぎて悔あり。遠方の旅行(飛行機また
は船。)あり。
坤に。自掛り。相剋。
  土地、什宅、職業等の悩み、。一回、二つ、二人以ヒ。祖は、母
 妻の病気の悩み。新規趾出一するも迷い多く実行困難なり。
  什所、職業の変更、業務上の失敗、女性のための金銭の損失。盗難、刑罰等あり。妻縁の変る人。  292
 縁談は相手の男性に難あり。
ミ次官に九紫掛り。相剋。
  印鑑、証文、手紙等の手違いにて事件起る。住所の移動、遠方への移動等あり。
鑑定法
 ∇この人吝諜竺定せず方れこれ討さんとして失匹ズ再ぼφ計画にで球999 W Q Q s。
運 勢
 この人、見栄っ張りにて偽言多く、泣事を言い振らす癖あり。努力家ではあるが心の移り変り激しき
なり。官辺に係る事件生ず。また、派手になり易し。色情囚縁強く貴子等の問題多し。
結 婚
 男女とも、再婚運なり。また、縁談は二回以上来るなり。特に相手方の男性に難あり。妻帯者との恋
愛、外国人との恋愛、男性器の障害等あり。
病 気
 眼病、脳病、逆上、腹痛、流行病等なり。
鬼門張り、墓所の障りにて病を発すなり。
本命九紫火星の人の事象
 本命玖官に座宮す。相剋。
ミこの人、現在衰運なり。新規出発を計画するも実行し難し。
ミ乾宮に五黄掛り。五黄殺。
  目上との意見の衝突あり。住所、身分のついての悩みあり。親
 類のために金銭の損失あり。色情因縁強し。変死者、行方不明者
 あり。
一、艮宮に七赤掛り。相生。
  住宅、土地について争論あり。墓地の作用なり。また、金銭上
 の争い起る。住居の移動、妊娠の人あり。また、新築による移転
 あり。遺伝性の病気。