六白金星(ろっぱくきんせい)

六白金星中宮日の鑑定法
『気迷い多くして心中穏かならず。何事も意のごとく進まずして実行し難し。
二家庭内に口舌ありて紛糾し、争いとなる。
一、病災または意外の損失あり。
一、先祖の霊関係に特に注意を要す。

本命一白水星の人の事象
 

 

本命一白離宮に座宮。
一、官辺に係る事件、印鑑、証文、手紙の間違い等起るなり。住所、
 業務の変更あり。
一、坤宮に三碧掛り。相剋。

  遊びや酒色による散財あり。業務、住所の変更は凶なり。共同事業凶なり。家相悪し。男子現れる。
 若い人。無から有を求める。暗夜の光明。
一、巽宮に五黄掛り。相剋。
  新規の業務にて迷いあり。人の嫉あり。災厄相つぎ運気衰う。業務の失敗。縁談凶。近親に発狂、
 行方不明者ありてその霊作用なり。近親に肢体不自由者あり。蛇、狐の崇りあり。
一、玖官に二黒掛り。相剋。
 凶相に注意。円出発。
鑑定法
几官辺に係る事件か人との掛合、談判事。また、目上の心配等にて鑑定を求めるものなり。
運 勢
 何事も活発にして如才なきも、とかく移り気にして口先のわりには実行難く、内心は陰気なり。業務、
住居など盛大に成さんとして却って悪し。業務などあまり繁栄ならず。心配苦労多し。また、家庭に病
人あり。
結 婚
 男女とも、再婚運なり。遊び好き。酒色による散財多き人あり。縁談凶なり。
病。気
 眼病、逆上、陰部、熱病等なり。
その他
 井戸埋め、蛇、女の生雲、狐等の崇りにて逆上、衰弱、業務不振等あり。

本命二黒土星の人の事象

 本命二黒玖官に座宮。相剋。
二業務、住居の再度の変更に煩悶す。また、病気の再発、事件の突
 発あり。
一、乾宮に七赤掛り。暗剣殺。
  口舌にての争い、住所の変更、心の変化。女性のための損失、裁判の災い。色情、金銭の悩み、肉
 体関係。目上、家庭の反対。
一、艮官に九紫掛り。相剋。
  住所の心配、家内不和合、官辺に係る事件、普請造作にての方災ありて火難。家相凶。
一、離宮に一白掛り。相剋。
  官辺に係る事件、業務の不振にて煩悶す。また、見込みなき事業にて損失あり。近親に変死者、行
鑑定法
一、業務の悩み、損失、住所、病難等の心配にて鑑定を乞うものなり。
運 勢
 この人、いたって苦労性なり。万事に手前勝手の行為多くして人に嫌われる。何事も八分まで成就し
わずかのところにて自ら破るなり。住所、業務など再び変更してますます困難する。
結 婚
 男女ともヽ再婚運なり。色慾にて金銭の損失、家庭の紛糾あり。訴訟事件等の発生あり。縁談はある
も凶なり。
 胃腸病、痛気、脚気、神経衰弱、陰部の病、腸カタル、下痢。
その他
 近親に縄目を受けし入、湿毒のために死せる人ありてその崇り多し。宅地の相悪し。入試は再受験連

なり

本命三碧木星の人の事象

 

 本命三碧坤宮に座宮。相剋。
一、土地家屋の購入、また、掛合等にて迷いあり、決断できず。また、
 遠方に転居の計画あり。
一、兌宮に八白掛り。相生。

  土地家屋等の事にて悦びあり。また、家庭内の口舌、色情の煩悶あり。共同事業にて損失。転業、
 転宅あり。墓所、山林の崇りあり。難産。
   4、離宮に一白掛り。相剋。
  官辺、警察に係る事件、火難、水難、手形、証券の心配。結婚は成立せず。
べ艮宮に九紫掛り。相生。
 身分い住所の再度の変更、家庭内不和合、色慾のための損失、火難。古墳、占墓の崇りあり。家相
悪し。
鑑定法
一、住所土地にての迷い、遠方への転居等にて鑑定を求めるなり。
運 勢
 この人、陽気を好むなり。身分不相応の事をなす。自ら心配苫労を求め家庭内での口舌多し。酒色に
耽り煩悶す。住所、業務の変更再度あり。
結 婚
 男女ともに再婚運なり。酒色に溺れて煩悶し家庭内の紛糾あり。また、女性は殺伐にして男勝りなり。
縁談は凶なり。
病 気
 手足の筋痛、腹痛、性病、神経衰弱。
その他
 入試は吉運なり。井戸、池、堀等を埋立てして崇りあり。病人が出る。占墳、古墓、山林等の崇りに
注意すべし

本命四緑木星の人の事象

 


 本命四緑震宮に座宮。相生。
一、共同事業、合併、住居、業務の変更等の運気なり。
一、艮宮に九紫掛り。相生。
  住所、業務が派手になりて煩悶す。また、遠方への転居、火難、
一、巽宮に五黄掛り。相剋。
  業務、住所の変動あり。ただし変動は凶なり。色情、職業等の悩み。災厄相っぎて衰うなり。縁談
 凶。方災、死霊の崇りあり。
一、兌宮に八白掛り。相生。
  土地、住宅の悦びあるも女性に心の変化ありて破縁となる。口舌、色情、難産等あり。
鑑定法
一、共同事業、合併、住所、業務の変更について鑑定を乞うものなり。
運 勢
 この人、些細な事にて口論す。また、機敏に立廻りて成功す。剛胆だが無謀にして自ら薄幸を招く人
なり。また、業務、住宅等にて意外の変事ありて紛糾するなり。
結 婚
 男女とも、再婚運なり。縁談は凶なり。婦人、他の男と通じて紛糾するものあり。
病 気
 肋膜炎、肺病、腹痛、精神障害。
その他
 入試は再受験運なり。稲荷、狐等の崇りありて数々の災いあり。また、女の死霊、古墳、古墓などの
崇りにて病気す。また、一家離散の災いを受くる人あり。

 

本命五黄土星の人の事象


 本命五黄巽宮に座宮。相剋。
一、この人、運勢の浮沈激しく、住所、業務の変動や遠方への旅行等あり。
一、離宮に一白掛り。相剋。
  官辺、警察に係る事件、また、覚えなき嫌疑にて刑罰や印鑑、証
 文、手形等の間違いあり。埋めた井戸の崇りにて精神障害。
一、震宮に四緑掛り。相生。
  造作建築の方災あり。商法の迷いあり。業務、身分派手にして困
 難す。妻縁、妊娠の兆あり。
一、乾宮に七赤掛り。相生。
  口舌、争い、裁判、金銭上の損失、怪我、家族の反対、異性関係。
鑑定法

一、遠方との取引か目上との衝突、また長患いしての困難、業務、住居の変動等にて鑑定を乞うものな

運 勢
 この人、短気にして我ままの行動多し。業務、身分などの変更、たびたびありて損失す。色情の苦情、
長患い等ありて運気不安定なり。
 男女とも、再婚運なり。縁談は凶なり。色情の災いありて女性との争いや妻縁変る事あり。
病 気
 胃腸病、リュウマチ、神経痛。
その他
 離宮に井戸埋め等ありての崇りあり。また、狐狸の崇り等にて数々の災いあり。長患いすることあり。

 

本命六白金星の人の事象


 本命六白中宮に座宮。相生。
一、業務、住所等について新しき変化を求めるも心の迷い多くして決断できず煩悶す。ただし住居の移
 動ありて方災を受け困難す。また、近親に死別等あり。
一、玖官に二黒掛り。相剋。

  業務、住所の変動、家庭内の紛糾、官辺の心配、病気、縁談あり。
一、兌宮に八白掛り。相生。


  転宅、職業、金談等あり、吉なり。共同事業にて損失す。墓所、
 山林等の崇りあり。色情因縁にて女性との家出あり。
 「巽宮に五黄掛り。相剋。
  業務、住所に支障多く煩悶す。
  新規計画、住所の動き等実行が難しく、また気迷いありて決断で
 きず、災厄相つぎ困難す。縁談は凶なり。方災ありて運気衰うなり。
鑑定法


一、新規事業の計画、また、職務の移動、住所の変更等について決断
 できず鑑定を乞うなり、また、縁談や家出の鑑定等あり。
運 勢
 この人、心の迷い多くして不安定なり。方災のため何事にも困難となる。また、再度凶方に移動する
ようになる。吉方位の移動こそ肝要なり。
結 婚
縁談は二つ以上あり、案外早くまとまる。結婚は再婚運となり易い。また、艮官、兌官に夫婦星掛り
夫婦喧嘩や破縁となる。
病 気

 肋膜炎、脳病、神経痛。
その他

 この人、墓所の崇り、井戸、池等の埋立ての崇り、死霊の崇り、稲荷、狐等の崇りありて事業困難
また、病人等あり。盗難は家柑凶なるによる。
大正7年10月25日生れ男子(戊午一白年壬戌九紫月生れ五十八歳)
戊午六白中宮口であり口建の離宮に本命の一白が座宮している。

鑑定例
風貌、風格ともに立派な紳士。
私「あなたは大変よい運命と強い運勢を持っておりますのでいかようの職業、また、いかような事業を
 しても成功し、多くの者を使用する事ができます。現在も大変盛んなようですが……。」
  注~六白中宮口、本命一白とは相生。また、干支戊午日は比肩であり、吉とす。
客「ハイ、その通りにて大体は成功しております。手相もみてください。」
 手相をみるに実にすばらしい手相にて三桂線も見える。吉相である。
 
客「どうしてそんな事が判るのですか? 実はその通りなので自分ながら
私 1手相も申し分のない吉相となっています。ただしそのままうの
みにはできませんがね。」
客「なぜですか? その理由を教えてください。」
私「あなたは先祖の囚縁を十二分に受けている人で、先祖の霊波、
 念波を受けやすい人なのです。したがって先祖の援助も大変受け
 ているようですが、また、先祖の要求も受けなければ駄目なので
 す。その証拠には、何事も一応成功の域まで達するがもう一歩と
 いう時点において必ず障害が起るのです。いかがですか。」
ながら不思議に思うのです。手相や
運勢を時々鑑定していただくのですがみな、大吉だとほめてくれるだけで、先生のような鑑定は今始
めてなのです。】
 注り座官の離宮九紫(定位)は神、仏です。したがって先祖を意味します。なお、この家は分家を
こ妬家は分家を現しています。巽宮四緑(定位)は遠い所、あの吐界を意味します。また、五黄同会です。五
黄も仏または先祖を意味します。坤宮二黒(定位)は、いにしえ、祖母、母です。家庭を育む
ですから先祖です。三碧同会です。三碧は新しい、現れるですから何事によらも
  たびたび現れてくるのです。また「旧い」と「新しい」つ二碧)が同会ですから、分家と見ます。
私「あなたは戊午生れです。戊午は火気であり、九紫を意味します。戊は離(丁巳)が命線なのです。
 これはあなたの運勢の強さを現しています。」
客「なるほど。私の家は言われる通り分家なのです。なお、九の数字に大変縁がありまして、吉も凶も
 9日とか19日とか29日等の日に起るのですご
私「あなたの先祖の中に火、火気の事にて悩み死んだ人がいる筈です。その人の供養をしてください。」
客「先祖の供養はずいぶんしているのですがね?」
私「あなたの供養は要求している霊人の供養になっていないのです。的を射ていないのです。」
 いよいよ核心に触れてきましたが紙数の都合上略し、重要部分だけ記載する事にします。
一、この家の本家に倶梨迦羅不動尊像がある。
一、先祖は倶梨迦羅谷の近くに住んでいたが、倶梨迦羅谷の戦に破れ倶梨迦羅不動尊像を奉持して逃れ
 て来たとの事。
一、先祖に割腹自殺した人がいるとの事。(この霊の供養が必要である。)
べ名門限家の末裔にて現在も家系ははっきりしている。
六白金星中宮日の鑑定法
一ヽ現在本家は没落して絶家状態であるoしたが゜て不動像はそのまま押入に入゜ておりヽお祀りなぞ  
した事がない由。原因はこの不動像である。私は一日も早く不動明工のお祀りをすることを薦めた。  328
(不動明王は火に縁が深い事、なお早くしないと凶運となり、再起できない。)
 注μ本命一白離 同会ですから必要なる人がみな離れていく。なお、対冲玖官に二黒掛りだから大
   変悪い。狐独となりすべて無になって再出発となる。本人は大変感激して三拝九拝して帰って
   行きましたが、私も不動明王には大変縁が深く、私の生家の守護神が不動明王で今も生家の隣
   り山頂に奉祀しております。不思議な縁に驚くと共になおご層の信仰心を新たにしている次第
   です。不人の喜びを眼の辺りに見て心の暖まる思いをいたしております。
 

 

 本命七赤金星の人の事象



 本命七赤乾宮に座宮。暗剣殺。
「業務、住所に新規昇画をし、心急けども実行できず。また、争い事が起きやすい。また、家督相続
 の件につき悩みあり。
一・黒掛り。相剋。
 1 務、職業等に悩みあり。また、職を二つ以と持つかまたは元の
職に戻る事あり。内職突載、
て兌宮に八白掛り゜相生゜
内臓疾串穴慢性胃腸病等あり゜
跡・あり。口舌ヽ争論また受胎等あり゜
親が→八八ににパに作にニづ音のごとく進まず`煩悶す゜また`近
鑑定法
1  、れ所ヽ業務の変更を計画するも音のごとくならず鑑定を乞うものなり」
 この人、器量人にて世渡り上手なり。気位高く自惚強きため円満を欠く事あり。また、人との争いあ
りて官辺に係る事件起る事あり。自口上との衝突、約束事の変更參こヽEI.―
結 婚
縁談は吉なり・
すき運なり・また`
変更等に注意すべし゜
言いづ紬づににパにに犬一回二度目
また二つ以上等の意ありて変化起きや

病 気
 頭痛、腫物、口中の病気、怪我。
その他
 入試吉なり。地相、家相悪くして胃腸病、稲荷、狐の崇りありて身体衰弱す。
 本命八白土星の人の事象

本命八白兌宮に座官。相生。


、盛運なり。ただし色情因縁強く女性問題にて金銭の損失、また、家内の紛糾あり。
一、坤宮に三碧掛り。相剋。
  業務、住所の変更にて悩む。酒色の散財あり。共同事業は凶なり。家相凶にて病人あり。
一、乾宮に七赤掛り。暗剣殺。
  金銭の出入激し。色情による損失。目上との衝突、竹公庁に関する事件等あり。
一、震宮に四緑掛り。相生。
  普請造作の方災、迷い、利慾に走る。商法事、また、合併等おり。
 妊娠の人あり。近親に中風の人、僧侶あり。
鑑定法
一、業務上の他人との交渉、また、色情因縁の異性関係にて鑑定を乞
 うなり。
運 勢
 この人、運勢は告運なるも、色情因縁強く異性関係にて煩悶す。ま
た、多弁にて自ら災いを招く事多し。近年中に遠方への旅行。結婚の
変化、建築等あり。
結 婚

 男女とも、再婚運なり。異性関係複雑にて若き女性または、若き男性との交際起りて結婚安定せず。
色情因縁にて異性間の遊び、また、争い等起るなり。
病 気
 慢性病の再発、胃腸病、口中の病、子宮病、逆上、頭痛。

敬神の崇りにて身体の衰弱あり。また、近親に変死者あり。
本命九紫火星の人の事象
 

 

本命九紫艮宮に座宮。相生


一、業務、住所の変動や近親に死別あり。また、火難あり。方災に注
 意。
一、次官に二黒掛り。相剋。
  栗荻ミ住所公ず誕哩ら奏街。、住宅。、土坏巧も呪。L罰則。面ぢにで{1 
 体の疾病。
一、震宮に四緑掛り。相生。
  住所、業務の変更、建築、造作、遠方への旅行。方災、妊娠。

  土地、住居の売買や変更。縁談や異性関係が起る。酒色の遊び。
鑑定法
一、住所、業務の変更か新築または、旅行についての鑑定なり。また、縁談、再婚等なり。
運 勢
 この人、好き嫌いの激しきため、親友との交際に円満を欠き苦しむなり。住所の心配、業務の変更あ
り、また、家内の苦情絶えず。家相悪し。
結 婚
 男女とも、再婚運なり。再婚、また、縁談の話あり。また、異性との交際起る。
病 気
 眼病、逆上、精神障害、手足の怪我、火傷。
その他
 古墳、死霊の崇りあり。病気に注意。稲荷、狐の崇りありて精神病を起す。近親に変死者、行方不明器
が出る。