七赤金星(しちせききんせい)

七赤金星中宮の日の鑑定法


一、金融、掛合事、縁談等にての迷いあり。
一、住所、業務の変更にての迷い、悩み。
一、世話事、周旋事にて悔む。
一、旅行、病気、移輯等あり。
本命一白水星の人の事象


 本命一白艮宮に座宮。相剋。
一、運勢定まらず不安定なり。住所、業務の変動ありて運勢もまた変
 化するなり。
一、玖官に三碧掛り。相生。
  何か新しきを求めて再出発する。また、前年にも住所動きたる人
 なり。病気に注意。詐欺に遇う。
一、震宮に五黄掛り。五黄殺。

  欺かれる。利慾に走る。絶家の再興。普請、転居の崇り。田舎に帰る。
一、坤宮に二黒掛り。相剋。
  色情の悩み。家庭の紛糾。公難。縁談の心配。近親に変死者、行方不明者ありて破縁となる。実物。
 住所の動き。
鑑定法
一、住所、身分の変更および掛合事。縁談・再婚等にて鑑定を求めるものなり。
運 勢
 この人、運勢不安定にして吉凶の変化激しきものなり。一時期、目上の人の援助を受けて事業盛大な
るも、すぐまた衰微す。先祖、死霊の障りなり。
 近親の変死者、行方不明者の崇りありて何事にも苦労する。なお、普請、転居等の方災あり、注意す
べし。
結 婚
 結婚は凶なり。まとまっても将来、破縁となる。田舎に帰りての結婚は吉なり。
病 気
 神経病、手足の痛み、脱毛症、慢性の病気が再発する。
その他
 屋敷神、狐などの崇りありて気狂の人あり。近親の変死者等の浮浪霊の崇り多し。また、近親に死に
別れあり。
 

本命二黒土星の人の事象

 本命二黒離宮に座宮。相生。
一、運勢吉なり。派手にして失敗す。短気のため、業務を変更して困
 難す。火災に注意。
一、坤宮に四緑掛り。相剋。
  業務、住所の変動。家内の紛糾。遠方への旅行か移動。破縁。
一、巽宮に六白掛り。相剋。

  業務、身分の事にて目上と衝突。遠方の事にて金銭の損失あり。近親に行方不明者、変死者あり。
 酒食にての散財。女難。業務、住所の変更は吉なり。家相悪し。
一、玖官に三碧掛り。相生。
  使用人の心配。建築する。詐欺、盗難あり。小事は吉なり。積極的に進むべし。
鑑定法
一、家庭の紛糾、掛合事、金銭に係る裁判事。色情等にて煩悶し鑑定を乞うなり。

運 勢
 この入、いたって移り気にして本業に満足せず他の職に手を出すか投機的の業に従事して少しの成功
を得るが、大半は失敗す。外見を飾りて浪費多し。色情および官辺に係る災いに注意すべし。
結 婚
 男女とも、縁談は凶なり。ただし再婚なれば近年中に話ありてまとまる。異性間に口舌、争い起きや
すし。
病 気
 胃腸病、性病、逆上、不眠症。
その他
 入試は吉なり。仏、狐の崇りに注意。凶方に普請造作して病災を受く。また、家相悪し。

本命三碧木星の人の事象

本命一二碧次官に座す。相生。
一、業務について大事を企てるが、力不足にて苦労す。また、遠方に
 旅行する事あり。
一、乾宮に八白掛り。相生。
  土地住所の心配。掛合、相談は根よくやって成功。何事も滞りが
 ちとなる。金談、旅行、急速にて吉。
一、艮宮に一白掛り。相剋。
  業務、身分の事にて損失。盗難にて難渋。土の移動にて災難あり。
 古墓の崇り。
一、離宮に二黒掛り。相生。
  遠い所に旅行。郷里。妊娠。訴訟。再婚。文書関係。争い。不和合。
鑑定法

一、遠国に行く。家内の口舌紛糾。色情の悩み等にて鑑定を乞うものなり。
運 勢
 この人、他人の世話にて損失あり。また、家内の口舌紛糾ありて災難多し。ただし大事を企てまま成
功す。土地、住宅、業務に係る訴訟起りやすし。遠国に行きて変りたる業務に従事する人あり。
結 婚
 男女ともに再婚運なり。
病 気
 足腰の冷え、下痢、胃熱、腸カタル、慢性の病気再発。
その他
 入試は古なり。狐、稲荷等の崇りにて気の狂う事あり。古墓の崇りにて患う事あり。先祖の墓の崇り
にて怪我する事がある。

 

本命四緑木星の人の事象


 本命四緑坤宮に座宮。相剋。
一、住所、業務の変更。大事を企てて失敗。方災に注意。
一、兌宮に九紫掛り。暗剣殺。
  手術、お腹。医師の見立違い。口舌。掛合。色情の悩み。造作は吉。
一、離宮に二黒掛り。相生。
  生活派手。旅行。郷里。妊娠。文書関係の訴訟。祖母との離別。
 二回、二度目。火災。
一、艮宮に一白掛り。対冲。
  住所、業務の変更あるも意のごとくならず煩悶するなり。方災を
 犯して病人に苦しむ。古墳、古墓の崇りあり。また、墓が水の悪影
 響を受けそのために家業不振や病人が出る。
鑑定法
一、家庭内の口舌か官辺に係る事件にて鑑定を求めるなり。
運 勢

 この人、大事を企てて失敗す。何事も派手になし過ぎて苦労す。小事がよい。また、努力が肝要なり。
造作、建築等の悦びあれども金銭に係る事件が起きやすい。また、遠方におる婦人につき心配事が発心
す。
結 婚
 男女ともに再婚運なり。また、女性においてはお産の悩み、切開手術等あり。医師の兄立違いに注意
すべし。
病 気
 肺病、胃腸病、痛癩、手足のしびれ。
その他
 先祖の死霊の崇りありて切開手術あり、また、このためとかく不幸続きの事が多くて煩悶す。古墳、
古墓についての悩みあり。その崇りにて家内に病人生ずるなり。
鑑定例
昭和27年1月24口生れ(辛卯四緑年庚子七赤月)女性。
丙午七赤口の鑑定。
本命四緑坤宮に座宮。相剋。
一、職業および住居の迷い。
一、兌宮に九紫掛り。暗剣殺。
  兌宮は悦び、中々、腹、手術、金、口舌。九紫は争い、医者、
 学問、二つ、離れる。
一、離宮に二黒掛り。日建。相生。
  離宮は、遠い、旅行、仏、離れる、学問。二黒は古い、故郷、母、祖は、先祖、二度。
一、艮官は、住居、変化。一白は再出発、新しい職業。
私「あなたお腹が悪いことないですか? 医者に掛かっておりますね。」
客「いいえ、身体はこの通り元気で異状ありません。医者にも掛かっておりません。」
私「お腹を手術した事ありませんか?」
客(しばらく考えていたが)「昨年暮れにお産をしましたが、逆子のため、帝王切開しました。」
私「そうでしょう。惜しかったですね。医者があなたに合わなかったのです。」
  注H兌宮に九紫掛り。暗剣殺で、相剋しています。お腹、手術、医者と事象通りです。九紫は二つ
    になる。

  「あなたは近々故郷に帰るのですか。」
客「姉も昨年出産しましたので顔見せしようと兄弟が集まります。私もm舎(九州)に帰るのです。」
私「仏事(法事)をするのではないですか。」
客「そんな事はないと思います。」
私「お婆さんかおりますね。お元気ですか?」

客「いいえ、もう年ですからね、病気をしています。」
私「田舎に二度行くようになりますよ。お婆さんを大切にしてあげなさい。」
  注H離宮に二黒掛りの事象ですから、古い人(祖母)の遠方に旅行です。また、離れるです。
  「あなたは住居を変るのですか?」
客「ハイ。今の住居を変ろうと思い、家を探しているのです。」
私「田舎に行って来てからにしなさい。今変りますとまたすぐ変るようになりますから。」
  注H離宮に二黒掛りです。二黒は土地住宅ですし二度、二回目の作用があり、離は、離れるです。
    なお、対冲艮官八白(住居) 一白掛りは、新しい面の出発ですから引続いての移動となります。

 

本命五黄土星の人の事象


 本命五黄震宮に座宮。相剋。
一、本業以外の仕事を始めてそのために煩悶し、また、警察に係る事件起りやすし。女性との口舌争論
起りやすし。
一、艮宮に六白掛り。相剋。
  業務、住所の悩み、盗難にて難渋。何事もまとまらない。色情。
 妊娠。旅行。移動。病気。
一、巽宮に六白掛り。相剋。
  住所の移動。酒食にての散財。業務の争い。女難。家相凶。業務、
 身分は割合吉なり。
べ兌宮に九紫掛り。暗剣殺。
  女性の事にて家庭内に紛糾あり。金銭上の損失。派手好きな妻の
 浪費による困難あり。手術。

鑑定法
一、事業計画、女性問題、あるいは人の世話事にて損失を招き鑑定を求めるものなり。
運 勢
 この人、一時的に諸事順調に進めども、永続せず、本業以外の仕事を始めて苦労するなり。外面盛ん
に見えて内実困難なり。また、他人の世話事にて却って嫌われる。また、即決か、決め難きか両極端の
性格あり。また、色情因縁にて煩悶する。住所、業務の変更は吉なり。
結婚.                                    346男女とも、再婚 なり。 に家相に注音すべし。縁 も 化あり。あるいは 舌争いありてまとまら精神障害、逆上。
色情問題、屋敷神、仏の崇りにて気狂あり。また、種々の災いあり。

 

本命六白金星の人の事象
 本命六白巽宮に座宮。相剋。
一、生活派手にて困難し、何事にも気迷い多くして業務や住居をしばしば変更す。
一、離宮に二黒掛り。相生。
  外見より内容悪し。官辺警察に係る事、あるいは判、証文、手紙についての心配。色情の悩み。
ぺ震宮に五黄掛り。相剋。
  何事も、順調に運ばず困難する事が多い。また、紛糾が絶えない。
一、乾宮に八白掛り。相生。
  目上の人、父、主人等の地位の変化。官公庁関係急に難しくなる。
 何事も滞り勝となる。
鑑定法
一、掛合事、金談、縁談、移動、変更等にて鑑定を求めるものなり。
運 勢

 これまでは運勢よく幸せであるが、今後は何事にも支障起りて困窮する。家相、転居等の崇りありて、
決りたる事も滞りがちとなるか、他人に邪魔される。家庭円満を欠き、親族間に葛藤ありて煩悶す。
結 婚、再婚運なり。また、独身者あり。縁談は凶なり。口舌禍にてまとまらず。また、相手の男性に注意す
べし。
病 気、肺結核、喘息、脳病、かぜ
 先祖の死霊の影響にて病人や運勢悪し。なお、近親に絶家したる家ありて霊関係0 障害あり。客仏の
崇りにて業務不振、また、屋敷神の不敬にて災い多し。

本命七赤金星の人の事象


 本命七赤中宮に座宮。相生。
一、業務、住所等について気迷い多く、何事も不安定にして煩悶する
 なり。
二坤宮に四緑掛り。相剋。
  業務、住所の変動。女性との口舌あり。家庭の紛糾。縁談の心配。
 公難。裁判。迷い。遠行は災いあり。
べ乾宮に八白掛り。相生。、
 主人、目上の人の地位の変化あり。
一、震宮に五黄掛り。相剋。
  業務、住所等について変更とか移動したくなるも、結果的には凶となる。また、色情因縁にて家庭
 内の紛糾あり。利慾に走る。詐欺、方災あり。田舎に帰りて吉なり。
鑑定法

一、家庭内において女性との意見の衝突起り、住居等再三の変動ありて何事も意に満たず煩悶す。その
 ための鑑定を求めるものである。また、縁談の鑑定もある。
運 勢

 この人、機智に富み交際上手なり。したがって自惚れが強く自分一人にて天下を取るの錯覚に陥るな
り。なおまた、色情因縁強く異性とのトラブルも多し。住所、業務等の変更も再三ありて心の迷い多く
不安定なり。家庭内不和、業務の衰額ありて困難する。
結 婚

 縁談あり、ただし良縁とは言い難し。再婚および男性の心変りありてまとまらず。
病 気

 腹痛、性病、精神障害、肺病、風邪、なお、薬の間違いにて苦しむ事あり。
その他
 霊作用、普請、転居等による崇りあり。方災に注意すべし。

本命八白土星の人の事象
 本命八白乾宮に座宮。相生。
一、新規事業また、何事を計画するも力不足によりて進まず煩悶する
 なり。
一、次官に三碧掛り。相生。
  新規事業また普請等による心配事。小事は吉、大事は凶。結婚の
 話。古い病気の再発。何事も急速にて吉。
一、兌宮に九紫掛り。暗剣殺。
  金談。口舌。掛合。医者の見立違い。手術は二回以上。医師に注
 意。医師の変更吉。女性との争い。火難、盗難。また、無実の罪を
 着る事あり。
一、巽宮に六白掛り。相剋。
  信用‘商法・住所等の心配。見込違い。金銭の心配か、損失。縁談は言葉に注意。女難、酒食、盗
 難による損失あり。家相悪し。
鑑定法
一、金談、縁談、掛合事、他人との争論等にて鑑定を求めるものである。
運 勢
 この人、現在、運勢は吉なり。先祖に武家かまたは神官、僧侶、官職の人あり。いたって性急にして
人と争う事多し。親譲りの業や生家を変える人あり。
結 婚
 縁談は早急にまとめて吉なり。ただし口舌に注意。女性は、家長となるものあり。また、主人の病気
等にて苦労する。
病 気
 脳病、神経痛、便秘、腸カタル、足痛。
その他
 入試は吉なり。先祖の崇りにて頭痛。また、稲荷、狐等の崇りにて逆上とか生活に困難を来たす。
本命九紫火星の人の事象
 本命九紫兌宮に座宮。暗剣殺。
ぺ弁才ありて議論をなすも虚言となり、また、身分不相応の虚飾を
 張りて困難す。
ミ坤宮に四緑掛り。相剋。
  住所、業務の変更。不動産等に関する事件。遠方への旅行。縁談。
 破縁の人。近親に行方不明および変死者あり。
一、乾宮に八白掛り。相生。
  住所、業務の心配ありて心急げども実行は難しい。目上の人の心
 の変化、上役の変更あり。官庁関係に変化あり。何事も停滞あり。

 親類・知人との争い。
一、震宮に五黄掛り。相剋。
  利慾に走る。欺かれる。長男の家出。親類、兄弟との不和合。先祖の霊の崇りなり。また、普請、
 転居の崇り。盗難。家庭の紛糾。
鑑定法
一、家庭内の紛糾、女性との争い、談判、または他国への出奔についての鑑定を求めるものなり。
運 勢
 業務および住居について再度の変更あり。また、虚飾を張りて出費多く、かつまた、他人の世話等に
て困難する。また、息子の家出、自分の家出、親類の厄介者の事にて損失ありて煩悶す。また、女性問
題や家庭内の口舌争論あり。普請または方災の崇りなり。また、絶家の再興等起る。
結 婚
 男女とも、再婚運なり。縁談は一回にてはまとまらず。異性の突然の心変りや口舌の間違い起りて苦
労する。
病 気
 眼病。歯痛。熱病。口中の病気。胸腹の病。
その他
 入試は早急にて吉なり。近親に変死者、行方不明者あり。その障りありて家内紛糾す。また、絶家の
再興によって一家繁栄する