九紫火星(きゅうしかせい)


九紫火星中宮の日の鑑定法
一、運勢は吉運であるが、離位の事象の離別、死別、信用を失す、財力を無くす等ありて、迷い煩悶す。
「争いである。公事、紛争、裁判、警察問題起る。
一、文書、印章等の間違い。
一、入獄の難。
一、全快の難しい病気。
一、医師および投薬の間違い。手術。
一、外見は美麗であるが、内容が伴ない。
一、裏の玖の事象の悩み、苦悶等が現れる。
一、夫婦、男女間の争い、離婚。



一、この世の離別。
一、旅行、遠い所、観光。
一、船、飛行機、乗物、海、空。

本命一白水星の人の事象
 本命一白乾宮座宮。相生。
一、官辺に係る事件。金銭上の心配。父親、夫等の病気。争論、喧
 嘩起る。
一、玖官に五黄掛り。相剋。
  家庭の口舌紛糾、厄介者がいる、業務住所の心配、使用人のた
 めに損失、秘密の病気、流行病。
一、兌宮に二黒掛り。相生。
  色情のため金銭の損失あり。女性に係る心配事、家内の苦情あ
 り。家出あり。何事も気長にすべし。土地や勤務にての争いあり。仏事、霊関係あり。
一、巽宮に八白掛り。相剋。
  商業の手違い、見込違いにて損失。住所の不安定。破縁の人。自分から事を破る。家相地相の凶相
 にて崇りあり。鬼門張り。初縁は破れなり。再縁の人。旅行、遠方に行く。
鑑定法
一、目上との意見の衝突。裁判に係る事件。また、生家を離れて移住せんとす。上記の事にて鑑定を求
 めるものなり。
運 勢
 この人、気位高く人を見下すクセありて些細の事にて言い争う事が多い。親、先祖の陰徳にて立身。
したがって割と早くから目上に位するも反面、損失、障害が多くして地位の安定なり難し。不意の支障
起り易し。霊作用なり。また、色情の難もありて破談等多し。
結 婚
 既婚婦人においては主人の病気等にて苦労多し。病気は秘密の病気にて全快は難しい。また、離婚婦
人多し。縁談は凶なり。

病 気
 脳病、脚気。慢性の病気再発。陰部の病。妊娠の者あり。ただし「掻励」するか帝王切開なり。
その他
 入試は吉なり。仏事あり。霊の影響ありて何事にも障りあり。変死者、行方不明者等にて職業不振
色情因縁、病気あり。


本命二黒土星の人の事象
 本命二黒兌宮に座官。相生。
一、目上の心配あり。口舌の争いあり。運勢吉なりて投機的の事を
 好む。べ坤宮に六白掛り。相生。
  田畑、住所の事にて争いあり。勤務先にて目上の人との争いあ
 り。住所移動や火難あり。裁判、警察に係る事件。職業の悩みあ

一、乾宮に一白掛り。相生。
  目上の病気についての心配、官辺に係る事件。刑罰、家督相続についての争いや財産整理。親子の
 縁の切れ目。住居の変動。
一、震宮に七赤掛り。相剋。
  家内に病人あり。病気は手術をするも全快いたし難し。家庭内の口舌争論あり。女性との駆落あり。
 男女の縁あり。何事も気長に解決すべし。

鑑定法
 一、業務、住所の変更か女性との色情問題または、目上の人の病気にて鑑定を乞うなり。
運 勢
 この人、弁論巧みにして掛合事など上手なり。したがって信用を得る。また、現在運勢吉運にして業
務等盛なり。また、金銭等も順調なり。ただし方災ありて火難の災いあり。また、目上との衝突や両親
等の病気ありて何かと悩み多し。なお、色情因縁ありて男女間のトラブルが起り苦労多し。周旋や仲介
にて利益あり。訴訟、掛合事は勝利となり利益を得る。

結 婚
 結婚吉なり。ただし口舌に注意すべし。女性は夫の病気等にて悩みあり。また、再婚の人あり。縁談
現在吉なるも色情因縁強くして異性のトラブル起きやすし。
病 気
 性病、腫物、咽喉、陰部の病気。胃腸病等あり。また手術する人多し。食い過ぎ、飲み過ぎに注意す
べし。
その他
 入試は吉なり。先祖、狐の崇りありて気狂となる。死霊の崇りにて脳病あり。
本命三碧木星の人の事象


 本命三碧艮宮に座宮。相剋。
一、住所、業務の変更、また業務不振にて零落の兆あり。古墳、古墓の崇りなり。
一、玖官に五黄掛り。相剋。
  住所、業務の煩悶、親類知人の厄介者。また、人の世話にて損失
 あり。また、近親者に秘密の病気、行方不明、変死者等あり。先祖
 の崇りありて患う。
一、震宮に七赤掛り。相魅。
  家庭内の口舌紛糾。住宅、業務の変動。異性間のトラブル。女の
 怨恨、屋敷神の崇り。遠方、旅行。
一、坤宮に六白掛り。相生。
  目上との争い、田畑の苦情、また、官公庁に係る事件、不意の災
 い、怪我、骨折。先祖の崇り、母妻との争い、遠くに移動。
鑑定法

一、異性の問題、遠方に係る事件、住所の変更、墓相、医師に関する事等にて鑑定を乞うなり。
運 勢
 この人、強情我ままなりタ業務、住居等派手になりて反って失敗す。外面を装うあまり真実性なく、
したがって親密に交際する人少し。また、異性問題による悩み多し。また、生家が零落したため、業務、
身分について煩悶する人あり。

結 婚
 男女とも、縁談は凶なり。女性においては相手の男性に予期せぬ秘密の病気等あり、注意すべし。異
性の縁あるも不安定にて結婚に至らず。異性に心の変化多し。
病 気
 手足の痛み、腹痛、眼病、性病、頭痛、流行病、近親に秘密の病気を持つ人あり。古墳および変死者、
行方不明者、等の霊の崇りなり。
その他
 入試は以前は凶、以後なれば吉なり。屋敷神、稲荷、狐等の崇りありて病気す。


本命四緑木星の人の事象
 本命四緑離宮に座宮。暗剣殺。
一、他人の事をかれこれ世話奔走して損失し争う事あり。また、刑罰、火難の災いあり。
一、坤宮に六白掛り。相生。
  訴訟裁判等ありてはかばかしく片付かず煩悶する事多し。目上の
 婦人との争い。便所凶方にて病人、また、口舌紛糾あり。屋敷神の
 崇りにて怪我あり。
一、巽宮に八白掛り。相剋。
  業務、住居等の心配ありて気迷い多く不安定。また、家相地相等
 鬼門張りの凶相にて何事も破れるなり。女の怨恨、破談、再婚等あ
 り。また、遠方の旅行、異性と遠方への旅行、駆落あり。女性の長
 病あり。長虫(蛇)の崇りなり。
一、玖官に五黄掛り。五黄殺。
  業務、身分の衰願、官辺に関する事件、家庭の紛糾、秘密の病気、使用人のための損失、稲荷、狐
 の崇りあり。変死者、行方不明者、先祖の死霊の崇りあり。
鑑定法
一、印鑑、証文、証券、手形に係る事件、裁判。他人の世話事にての争い。夫に代りて家政について鑑
 定を求めるものなり。
運 勢
 この人、運勢凶なり。業務など今まで盛なるために何事も派手になり、また、高慢となりて相手を見
下すため人々離反す。また、投機的の事をなして損失し、事後次第に衰運となる。他人の世話事に奔走
しまた、普請等を成して金銭の消費激し。なお、火難、盗難などの災の連続となる。稲荷、狐の崇りに
て困難する人あるも、これらは自己の精神が不安定のために自分から迷いの道に入る者多し。ただし、
先祖の霊作用のために病気を患う、特に注意すべし。重病となり易い。
結 婚
 男女とも、再婚等にて初縁の破れ多し。縁談は破れとなるため、先に延期すべし。
病 気
 熱病、眼病、肺病、流行性感冒。女の死霊の崇りにて熱の烈しい病気を患う。
その他
 入試は難しいが官立校や官庁の試験は吉である。便所の方位(家相)が悪いために病人あり。また、
屋敷神の崇り、蛇の崇りにて患う事あり。


本命五黄土星の人の事象
 本命五黄玖宮に座宮。相剋。
一、何か新規計画を企てるも逡巡して実行ためし難く怠け性となる。 ア
 また、造作、新築等の意図を持つ。
二乾宮に一白掛り。相生。
  父母等目上の病気、また、災難等にて心配あり。また、業務・身
 分等の煩悶多し。先祖の崇り、狐の崇り、事件、刑罰、家督相続、
 財産整理。職業、住居の変化あり。
べ艮官に三碧掛り。相剋。
 身分、住居を変更したる入。目下の色情の心配、また、家出あり。盗難、火難、職業の失敗、建築、
 身体の悪い人、足腰の悪い人。長病は四足の崇り、屋敷神の崇り、墓相悪し。
一、離宮に四緑掛り。暗剣殺。
  官辺に係わる災い、獄に繋る人あり。遠方の取引にて損失。女性の家出。離婚。火災。旅行。入院
 あるいは長い間通い続ける。
鑑定法
一、業務、住居の心配、家内の病人、官辺に係る事件にて煩悶し鑑定を求めるなり。
運 勢
 この人、運勢大変悪し。住居、職業を繰返し変更し、ますます困難となる。また短気なり。ただし何
事にも逡巡す。また、怠け者なり。家内に病人絶えず心配苦労多し。また、親族のために金銭の損失あ
り。水難、盗難による悩み。狐狸の崇りありて難儀す。官辺の事件等にて入獄起る。女の死霊にて精神
障害あり。
結 婚
 男女とも、凶なり。女性は男性運にての悩み多し。なお、妊娠の人あり、また「掻腿」の人あり。
病 気
 脚気、胃腸病、下部、陰部の冷え。狐狸の崇り。屋敬神の崇り、先祖の死霊の崇りにて病人絶えず。
その他
 入試は凶なり。家内に家出や病人が絶えず医師または病院往復するも快癒しない。


本命六白金星の人の事象
 本命六白坤宮に座宮。相生。
一、住宅、職務の再度変更あり。また、大酒、美食のための病を生ず。ア
ー、兌宮に二黒掛り。相生。
  金銭上の悦び、娘の縁談の悦び、色情のため金銭の損失あり。家
 内の口舌論争、嫁姑の口舌論争。また、愛人、再婚、親の仏事、霊
 作用。
一、離宮に四緑掛り。暗剣殺。
  刑罰、警察に係る事件、住居の変更、家庭の紛糾、信用を失う。業務の変更、入院、旅行。(ただし
 凶なり)。
一、艮宮に三碧掛り。相剋。
  住宅、業務派手にして困難を来す。住居の移転、また、新築、火難、目下の心配、社寺地跡、墓地
 跡にて数々の崇りありて苦しむ。また、病気や精神障害となる。
鑑定法

一、身分、業務の心配、家庭の風波、官辺の災い、住居の移動等にて鑑定を求めるなり。
運 勢

 この人、気位高くして負惜しみ強し。かれこれ見込なき事業に手を出して損失す。とかく剛情勝気に
して自分から良運を破るなり。住居等再度の変更あり。墓地、社寺地跡に建築し数々の崇りを生じ営業
不振、病気等の災い続出す。なお、少々の金銭の悦び、娘の縁談の悦びあり。婦人の家出や事件、刑罰
等の災いに注意すべし。
結 婚

 男女とも、再婚運なり。再度の離婚の人あり。便所の凶方位にて婦人の争い、病気、晩婚、母妻の争
い等起るなり。

病 気

 脳病、目腸病、心臓病、子宮病、腹痛、仏事の崇りにて身体衰弱す。
その他

 入試は早ければ吉なり。遅ければ凶となる。芸術や医師系統は凶。文科、歯科、理科系は吉。また、
薄幸、孤独にして、家庭的に不運の人あり。


本命七赤金星の人の事象
 本命七赤震宮に座宮。相剋。
一、女性についての口舌紛糾、煩悶や住居、業務の変更を計画す。
一、艮官に三碧掛り。相剋。
  住宅の新築、また、造作改装して困難す。相続者の事にて悩みあ
 り。また、業務、住居の再度の変更。古墳の崇り、屋敷神の障り、
 目下の心配。
一、巽宮に八白掛り。相剋。
                                 ア
  業務住居の変更、家相地相凶にして営業不振。鬼門張りの家相に
 て相続人の悩み。破縁、再婚、色情、淫酒、遠方の旅行、女の怨恨。
一、兌宮に二黒掛り。相生。
  住居、業務の変更、色情因縁による女性との関係、また、愛人、


 金銭上の心配、口舌争論。近親に僧侶、尼あり。
鑑定法

一、女性問題、業務、住居の変更、遠方の旅行。一度整いし事の破れ等ありて鑑定を乞うものなり。
運 勢
 この人、見栄っ張りにして短気なり。自己本能の行為多し。精神的に惰弱にして向上心なし。万事に
如才はないがあまり正直な人とはいえない。色情因縁強く女性関係についてのトラブル多し。遠方に女
性との旅行や家出等あり。また、屋敷神や蛇の崇りにて女性の病人あり。
結 婚

 男女とも、再婚運なり。娘の結婚の悦びあり。縁談はまとまらない。再縁の人は吉なり。
病 気

 口中の爛れ、歯痛、精神障害、性病。また、癩癩強くして精神障害の行為あり。
その他

 入試は凶なり。屋敷神、古墳等の崇りあり。また、人にきらわれる遺伝性の病気あり。先祖の造りし
墓を粗末にして女性の病人が絶えず、また、火難あり。


本命八白土星の人の事象
 本命八白巽宮に座宮。相剋。
べ女性と遠方に行く。家内での口舌争論あり。警察に係る事件等あ

一、離宮に四緑掛り。暗剣殺。
  意見の衝突。刑罰に触れるか訴訟あり。色情のための損失。住居、
 業務の変更によって凶方位を犯して家内に病人あり。
一、震宮に七赤掛り。相剋。
 家内に病人にて心配あり。手術等あり。色情にての口舌争い。普請造作。女性の遠方の旅行、また、
 長男の遠方の旅行。
一、乾宮に一白掛り。相生。
  警察に係る事件。目上の病気にての心配。争論による怪我。職業、住居の変更計画。

鑑定法
一、業務、住居の心配、女性問題、身分以上の事業に手を出して失敗し、鑑定を乞うなり。
運 勢
 この人、勝気にして側癩強く、我ままにして華美を好み、失敗出費多し。また、色情因縁強く女性問
題も起りて煩悶する。また、妻の親類の厄介者あり。すべてにおいて心落着かず、気迷いあり。住居、
業務のたびたびの変更にて方災を犯し、家内の病人絶えず。また、刑罰に触れる事あり。
結 婚
 男女とも、凶なり。結婚の破れ、再縁の人あり。また、夫婦別居あり。生霊、女の怨恨ありて夫婦仲
悪し。
病 気
 肺結核、喘息、肋膜炎、流行性感冒、咽喉の病。
その他
 入試は再試験となる。官公庁受験は吉なり、屋敬神の崇り、死霊の崇り、蛇の崇り、方災等あり。


本命九紫火星の人の事象
 本命九紫中宮に座宮。相生。
一、大海に浮ぶ小舟のごとく何事もまとめ得ず、心不安定なり。また、ア
 災いありて煩悶す。
一、坤宮に六白掛り。相生。
  地所・住居について争いあり。目上との意見衝突あり。火難、家
 庭の不和合、警察に係る事件裁判、勤務先にて、争い、迷い。
一、巽宮に八白掛り。相剋。
  業務の変更、家内の争い、口舌論争、家相地相の災い、住居の不安定、旅行、色情、淫酒等あり。
一、次官に五黄掛り。相生。
  住所、業務の心配、奉公人あるいは他人のための損失。親類間の争い、水難、病気、秘密の病気に
 ての悩みあり。
鑑定法
一、何事もまとまらず。万事に飽き易く、また、住所等の変更を計画して鑑定を乞うものなり。

運 勢
 この人、運勢弱く衰運なり。住所、身分の変更等あるも先に延期すべし。目上との意見の衝突あり。
家内の円満を欠き口舌争論するなり。また、親族との争いあり。晩年に家督相続について心配起るなり。
官辺に係る事件あるいは刑罰に触るる事あり。家族に眼病または目の不自由な人あり。古井戸を埋めし
崇りあり。
結 婚
 男女とも、再婚運なり。また、晩婚の人多し。
病 気
 脳病、眼病、腹の病、耳の病、陰部の病。
その他
 入試は官公庁の受験は再度にて吉なり。また、二ヶ所の受験は良なり。この人、先祖の影響甚大なり。
芸術、芸能において特出の才能あり。ただし才能を発揮するのに苦労あり。陰の裏は陽なり。陽の裏は
陰なり。この摂理こそ難解なり。